職場のお役立ち情報

職場のお役立ち情報

現場での腰痛予防対策

腰痛は休業4日以上の職業性疾病の6割を占める労働災害となっています。
腰痛となる要因は、不自然な姿勢での作業や重量物の持ち上げ作業、長時間同じ姿勢の継続などがあげられます。
職場での腰痛予防には、それぞれの作業内容に応じて腰痛の発生につながる要因を見つけ出し、対策を実施しなければなりません。


「職場での腰痛を予防しましょう!」(厚生労働省)(http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/131114-01.pdf)を加工して作成



当社取り扱い品(一例)の主な特徴

◎台車用電動スタートアシスト

簡単操作で重量物でも軽々搬送、電動モーターで押す力を補助する駆動装置です。
●腰への負担を大幅に軽減
●既存の台車に取り付けが可能

◎高性能キャスター

高性能キャスターの車輪特性の高反発性、低摩擦抵抗により、重量物手押し台車が軽い力で動き、作業効率を向上します。
●一般のキャスターに比べ始動抵抗を大幅に低減

◎スライド床パネル

滑らせたいところに敷くだけで手押しでの製品の移動を可能にする床パネルです。
●物流作業の効率化
●コンベアやパレットが不要、有効スペースの確保


工場施設や関連備品の改善など、
現場で困ったことなら何でもお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
一覧へ戻る

ページトップ